毎日が楽しくなる ワクワクしてくる そんな暮らしづくりの お手伝いをいたします

menu

Wac Blog

日本人の3割しか知らない窓の話

ご存知ですか?
日本の窓は欧米と比べると最低レベルだということを!
「ものづくり先進国」「一流の工業国」のはずが、窓に限ってはレベルが低く、韓国や中国などアジアの国々と比べても、日本はかなり遅れている状態です。
日本のサッシは断熱性の低いアルミ製が多く、その理由はアルミが加工しやすい、工場のラインがアルミ向けであるといったことにあるそうです。

世界的にはサッシの樹脂化や木質化が当たり前になってきており、日本のメーカーも樹脂サッシや高断熱サッシを出していますが、
消費者が自分の家の窓の性能が低いと言う事実を認識していません。
米国では全50州のうち半数の州でアルミサッシが禁止されています。
日本がCO2排出量を削減するカギは建物の断熱です。家の熱の約4割は窓から逃げています。
設備機器で一生懸命温度調節をしても、穴のあいたバケツに水をくむようなものです。
国土交通省では、住宅ストック循環支援事業として住宅のエコリフォームに補助金を交付していて、私共も登録事業所になっています。
開口部の断熱改修も対象です。住まいを快適にするために、是非窓を見直してくださいね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031