毎日が楽しくなる ワクワクしてくる そんな暮らしづくりの お手伝いをいたします

menu

Wac Blog

おすすめシューズクローゼット

シューズクローゼット

『 下駄箱が小さくて、靴の収納スペースが少ない 』という話をよく聞きます。 規格の玄関収納(下駄箱)を使っている方が多く、収納量が足りず玄関に靴があふれていることも少なくありません。 こんなタイプの玄関収納を使っている方に多いです。 玄関収納 玄関収納2 最近の新築住宅では、シューズクロークを設ける場合もありますが、リノベーションだとなかなかスペースが確保できません。 そこでお勧めなのは、シューズクローゼット。規格の玄関収納にこだわらず、小壁を造り収納用のクローゼット扉を取り付けます。今まで使っていた玄関収納のスペースを使い、奥行きもほとんど変わらずに仕上げることができるのに、収納量は2~3倍とかなり違います。(既存の玄関収納のタイプによります。) シューズクローゼット これは5・6年前に作った我が家の玄関収納。パナソニックのクローゼット扉、幅1間用(1645mm)、高さ8尺(2350mm)を付けました。 内部の棚板は、メーカーの玄関収納の棚板のみを取り寄せ、その幅に合わせて大工さんに中央に仕切り壁を作ってもらいました。 壁に下地を入れてもらったので、棚受け金物は簡単に取り付けることができ、私がDIYにて取り付け。 季節以外の靴は上部の箱に入っていて、冬は下にブーツが入るように棚の位置を変えます。 扉の右側には、コート掛けと下段にスリッパの入ったかご置き場。上段のかごには、非常用持ち出し袋が入ってます。 コート掛けはとても便利。帰ってきたら玄関で脱ぎ、出かけるときにはまた玄関で着ることができます。 こちらのコーナーの棚、ハンガー用ポールもDIYにて取り付け。 各メーカーで収納内部用の棚も出してますが、かなり高価。内部収納はDIYにて節約しました。(*^O^*) これで120~130足は収納可能。 open メーカーの玄関収納のプランには、靴を収納するボックスにコートも収納するプランになっているものもありますが、湿気や臭いなどが気になります。 クローゼット扉は、セミオーダーでサイズ変更が可能。扉自体をオーダーで作ることも可能です。 あるものを活かしながら工夫し考える。 自分のこだわりを一から作りあげる。 リノベーションを楽しみましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031